Top > 未分類 > 

マリーの役者魂

第11回 長嶺ヤス子【葛の葉】

歌舞伎等で知られる狐葛の葉の物語を、フラメンコと三味線や笛、鼓などの楽器を用いて、表現した舞台である。 続きを読む

第10回 Project Nyx【星の王子さま】

「何百万の星のどれかに咲いているたった一輪の星を眺めているだけでしあわせだ」とサン・テクジュペリの星の王子さまは言っている。だが「見えないものを見る」という哲学が、「見えるものを見ない」ことによって幸福論の緒(いと)口(ぐち)をつなごうとしているのだとしたら、私たちは「見てしまった」多くの歴史と、どのようにかかわらなければならないだろうか? −−− 寺山修司 ノートより 抜粋 −−− 続きを読む

第9回 劇団桟敷童子【黄金の猿】

この芝居で一番印象に残るのはとにかく「水」である。 続きを読む

第8回 国立新美術館【モダン・アート・アメリカン】

実に久しぶりに美術館に行ってきた。 続きを読む

第7回 新国立劇場【喪服の似合うエレクトラ】

「これが報いというものだ・・・・・・。」 強烈なまでの愛憎と死が、ここに結実。 −−HPより−− 続きを読む
1 2 3 4

ページトップ