Top > エンタメ情報 > 永き戦い

永き戦い

7月に入り、企画書を作成し始めた。企画書というものは本気になればなるほど神様がおりてくるようで、無意識に筆は進む。 もともと広告代理店出身でもあるため、企画を練るのは好きなのはもちろんのこと、自らのマーケティングスキルを極めるために「企画塾」という学校にも通ったこともある。 しかし面白いのは、クライアントに頼まれたものでもない、自分がやりたい企画だとスイスイ書けてしまうこと。机上の空論とはよく言ったもんである。逆に困ったのは区役所へ提出することはわかっているものの、どの課へ提出すればいいか正直わからない。 ともかくツテを辿って、産業経済課へ持ち込んでみた。 その担当者はとても親身に話を聞いてくれたが企画書を一通り読んだあと 「壮大なイベントですね」との一言を放った。 この言葉の意味が、「こんな夢物語みたいなイベント、無理に決まっているじゃん」なのか「開催までに2~3年くらいかかりそうですね」なのかわからなかったが、とにかく否定的に見ていることは空気的に感じとれた。
トラックバック URL :

ページトップ