Top > フリートーク > ここから、何を学べるのか?

ここから、何を学べるのか?

勉強って、 学生がすることだと ずっと、思っていた・・・ 勉強って、 知識を詰め込み、 覚えることが目的だと ずっと、思っていた・・・ だから、 サラリーマン時代、 まったく、 勉強などしなかった。 本を読んだくらい。 だから、 その結果、 サラリーマンを辞めた後、 まったく、 自分自身の力では、 生き抜くこともできなかった。 無職時代、 凄く感じたことは・・・  『 社会って冷たいし、社会って厳しい。 』 でも、 今、思うことは違う。  『 社会って温かいし、社会って正直。 』 これは、 社会が変わったのではなく、 僕が、変れたから。 すごく活躍している人、 すごく成功している人、 すごく幸せそうな人、 みんな、 口を揃えて言う。  『 人生は、勉強だ。 』と きちんと、 勉強するようになり、 社会や環境の受け止め方が変わった。 他人にコントロールされていたのが、 自分が自分をコントロールするようになった。 環境に翻弄されていたのが、 環境に影響を及ぼせるようになった。 すべては、 勉強したから。 僕は、 どう考えています。 社会人の勉強って、 出逢いもそうだし、 読書だってもちろんそうだし、 挑戦することもそうだし、 知識を詰め込むときもあり、 人の話を聴きに行くこともそう。 でも、 僕が思う 最高の勉強って・・・  【 誰に会っても、何を経験しても、どんな失敗でも、      “ここから、何を学べるのか?”という受け止め方 】 この 受け止め方じたいが、 勉強って思う。 学ぼうと思えば、 なんでも、学びはある。 しかし、 学ぼうと思わなければ、 なにもなかったように過ぎ去る。  【 素直さ 】 これこそ、 すべてから学ぶには、必要なことだと確信している。 今年も あと、もう少し。 2011年、 学び続けて、2012年を迎えたい。 --------------------------------------------------------- 今日の成功統計学: 学生の時の学びって、実は、知識を詰め込むことじゃなく、 “勉強のやり方”こそ、学びだと思う。 あのころ、きちんとやっていたら、もっと学びの効率が 良かったと、今となったら思う。 社会人の“勉強のやり方”だって、必ずある。 人生は有限。ならば、効率的に学び、そして、継続したい。 --------------------------------------------------------- 最後まで読んでいただき感謝いたします。 【すべてを閲覧できます】 こだわり社長レターの過去バックナンバー ⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html 感謝と成長のレバレッジホールディングス 株式会社レバレッジ 代表取締役こだわり社長 只石
トラックバック URL :

ページトップ