Top > グルメ > タイゾーの呑んでみた > BLACKADDER RAWCASK BOWMORE 21 YEARS OLD 1989

BLACKADDER RAWCASK BOWMORE 21 YEARS OLD 1989

先日、家の近くのバーでのお話。 バーテンダーの方が、棚の奥にしまっていて僕に出すのを忘れていましたといって出されたのがコレです。 ブラックアダー社のロウカスクシリーズ、1989年のボウモアです。 ボウモアの力強い味が大好きでよく飲むのですが、ブラックアダーの21年熟成のボウモアは初めて飲みました。 ブラックアダー社は、ザ・モルト・ウイスキー・ファイルの著者であるロビン・トゥチェックにより1995年に創業された会社で、同社の「ロウカスク」シリーズは、樽由来の木片を取り除く以外、澱(沈殿物)も含めて、そのままの状態でボトリングしたシリーズです。冷却濾過をせず「あるがまま」を最も大事にしているそうです。 飲んでみた感想ですが、確かにボウモアのスモーキーでピート香が力強いのですが、ほのかにフルーティーな感じです。樽出しなので当然アルコール度数は高いのですが何故かまろやかなのです。今回はストレートで飲ませてもらいましたが、僕にとっては大変飲みやすく、少しやみつきになりそうでした。 なかなか見かけませんが、人にオススメしたい1本です。
トラックバック URL :

ページトップ